Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェアの被害ファイルを復元できる無償ソフト - Doctor Web

Doctor Webは、暗号化を行い、復号化と引き替えに金銭を要求するランサムウェア「Trojan.Encoder.19」の被害ファイルを復元する無償ユーティリティを公開した。

同社によれば、問題のトロイの木馬へ感染すると、「doc」「xls」「jpg」をはじめ、PC内のドキュメントや画像、動画、音声、ソースコードなど特定の拡張子を持ったファイルが勝手に暗号化されるという。さらにPC内には、復号するにあたり10ドルを支払うよう要求する脅迫状が保存される。

同社では、「Trojan.Encoder.19」を解析し、コマンドプロンプトから被害ファイルを復元するユーティリティを開発。今回無償で公開したもので、ウェブサイト上から誰でもダウンロードし、利用することができる。

被害に遭った場合、トロイの木馬が潜伏している可能性があるため、ユーティリティを利用する際はあらかじめ駆除を実施した上で利用するよう同社では案内しており、今回のユーティリティで復元できないファイルがあった場合はサンプルとして提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
新種ランサム「Bad Rabbit」は「EternalRomance」を悪用
Symantecも国内で「Bad Rabbit」を検知 - 観測ピークは発生2時間後
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業