Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボットが発信源のスパムをブロックするメールセキュリティ製品 - ソフォス

ソフォスは、ボットネットから配信されるスパムをブロックする新機能を搭載したメールセキュリティソリューション「Email Security and Control」の最新版を提供開始した。

同製品は、スパムやフィッシング詐欺、ウイルス、スパイウェアなど、メール送受信に伴う脅威をブロックするゲートウェイ向けのメールセキュリティソリューション。最新版ではスパム対策機能を強化しており、ボットネットからのスパムもブロックできる遺伝子型送信者検知技術を採用した。

ボットネットでは、動的なIPアドレスから少量ずつスパムが送信されるため、IPアドレスベースの対策では効果的な対策が難しかったが、新技術では、スパムのあらゆる特性を接続レベルで検知、ボットネットに組み込まれたばかりのPCから配信されたスパムでもブロックすることが可能だという。

価格は、100ユーザーで1年利用の場合、1ユーザーあたり3969円。既存ユーザーは、最新版へ無償でアップグレードできる。

(Security NEXT - 2008/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

機械学習で攻撃元IPや攻撃種類を予測するサービス - TED
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
国内で検知急増のランサム「Jaff」に復号化ツール