Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ監視サービスが10Gビットの広帯域に対応 - ラック

ラックは、セキュリティ監視、運用サービス「マネージド・セキュリティ・サービス」において、10Gビットの広帯域ネットワークに対応したメニューを9月1日より追加する。

同サービスは、同社のセキュリティ監視センター「JSOC」が提供するセキュリティ監視、運用サービス。今回、広帯域を監視するマカフィーのIPS「Network Security Platform Mシリーズ」に対応。今後も日本IBMやシスコシステムズの機器にも順次対応する予定で、データセンタやプロバイダなど大容量のデータを扱う企業などの需要に応える。

また同時に、中小企業向けのセキュリティ監視、運用サービス「UTM24+」において、IPSの運用管理機能にセキュリティログ分析機能を追加。UTMの稼働監視、メンテナンス、レポート、障害対応にくわえ、セキュリティアナリストによるファイアウォールやIPSなどセキュリティ機器の監視などサービスを強化した。

(Security NEXT - 2008/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SOMPO HD、セキュリティ事業に参入 - 対策などワンストップで提供
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験
ファイア・アイ、中小企業向けに運用保守まで含めたパッケージ
YouTuberの広告審査や素行を監視するサービス - イー・ガーディアン