Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ監視サービスが10Gビットの広帯域に対応 - ラック

ラックは、セキュリティ監視、運用サービス「マネージド・セキュリティ・サービス」において、10Gビットの広帯域ネットワークに対応したメニューを9月1日より追加する。

同サービスは、同社のセキュリティ監視センター「JSOC」が提供するセキュリティ監視、運用サービス。今回、広帯域を監視するマカフィーのIPS「Network Security Platform Mシリーズ」に対応。今後も日本IBMやシスコシステムズの機器にも順次対応する予定で、データセンタやプロバイダなど大容量のデータを扱う企業などの需要に応える。

また同時に、中小企業向けのセキュリティ監視、運用サービス「UTM24+」において、IPSの運用管理機能にセキュリティログ分析機能を追加。UTMの稼働監視、メンテナンス、レポート、障害対応にくわえ、セキュリティアナリストによるファイアウォールやIPSなどセキュリティ機器の監視などサービスを強化した。

(Security NEXT - 2008/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開