Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報約27万件含むATMジャーナルが所在不明 - 茨城銀行

茨城銀行は、顧客情報計26万9350件が記載されたATMジャーナルが、所在不明になっていることを明らかにした。

所在が不明になっているのは、ATMでの取引内容を記録したATMジャーナル。8支店に設置された18台のATM機において、2003年1月から2008年5月の間に記録されたジャーナルのうち、約270本を紛失した。

記録されている取引件数は推定で26万9350件に上るとみられ、顧客の氏名、口座番号、取引金額、残高などが含まれる。

同行では、従業員が保存期間を誤り、廃棄した可能性が高いとして、情報が外部に流出したおそれは低いと説明。また、紛失した情報に関する問い合わせなども確認されていないという。

(Security NEXT - 2008/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
取引情報含むATMジャーナルを誤廃棄 - コザ信金
委託先が顧客情報含むATMジャーナル紙を紛失 - 南日本銀
22店舗でのべ1万8000件の顧客情報紛失が判明 - 東邦銀
7万3000件の取引情報含むATMジャーナルを紛失 - 四国銀行
顧客情報1481件含むATMジャーナルが所在不明 - 北央信組
12万4000件の取引情報含むATMジャーナルを紛失 - 滋賀銀行
全国22の郵便局でのべ32万人の顧客情報を紛失
10店舗で顧客情報含むATMジャーナルや帳票を紛失 - 琉球銀
6支店で顧客情報含む資料を紛失、一斉点検で判明 - 北日本銀