Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

庁舎内で回答済みの市民アンケート用紙が所在不明に - 神戸市

神戸市の文書交換室において書類の紛失事故が発生した。回答済みの市民アンケートが封入された郵便物98通が所在不明になっているという。

所在がわからなくなっているのは、同市が実施した神戸市民1万人アンケート調査、および「神戸2010 ビジョン」チャレンジ指標現状調査の回答用紙。いずれのアンケートも無記名方式だったという。6月24日に郵便物が庁舎に配達されたが、窓口において十分確認が行われず、その後郵便物を取りに来た別の職員が紛失に気付いた。

同市では今回の事故を受け、作業手順の再確認や文書交換室に入室する際の名札着用の徹底、監視カメラ設置など、再発防止対策を進める。

(Security NEXT - 2008/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開ファイルのプロパティ情報に個人情報、約400件が判明 - 新潟県
卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委
行政不服審査請求人の個人情報含むファイルを公開DBに登録 - 新潟県
一般閲覧用の公開資料に個人情報 - 東京都港区
里親措置児童や里親の個人情報含む文書を誤送付 - 新潟県
原子力規制庁でメール誤送信 - 在宅勤務職員の個人メアド誤り第三者へ
学生の個人情報を学生向けサイトで誤配信 - ルーテル学院大
非公開とすべき個人情報含む行政文書を誤公開 - 新潟県