Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

庁舎内で回答済みの市民アンケート用紙が所在不明に - 神戸市

神戸市の文書交換室において書類の紛失事故が発生した。回答済みの市民アンケートが封入された郵便物98通が所在不明になっているという。

所在がわからなくなっているのは、同市が実施した神戸市民1万人アンケート調査、および「神戸2010 ビジョン」チャレンジ指標現状調査の回答用紙。いずれのアンケートも無記名方式だったという。6月24日に郵便物が庁舎に配達されたが、窓口において十分確認が行われず、その後郵便物を取りに来た別の職員が紛失に気付いた。

同市では今回の事故を受け、作業手順の再確認や文書交換室に入室する際の名札着用の徹底、監視カメラ設置など、再発防止対策を進める。

(Security NEXT - 2008/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
決裁文書を紛失、決裁はすでに完了 - 国土地理院
個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県
1960年代の職業訓練受講者指導要録が一部所在不明 - JEED
教員が関係者情報含むPCをスペインで盗難被害 - 九大
印影など含む伝票綴りを紛失 - 大分銀
個人情報含む教員の私物パソコンが学内で盗難 - 東大
職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県
人工呼吸器管理用タブレットが所在不明 - 岸和田市民病院
小学校11校で指導要録や健康診断票を紛失、調査で判明 - 大阪市