Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フリーウェア「Lhaplus」に脆弱性 - 最新版へアップデートを

情報処理推進機構(IPA)は、国産アーカイバ「Lhaplus」に、バッファオーバーフローの脆弱性が見つかったとして注意を呼びかけている。

同ソフトは、ファイルの圧縮や解凍が行える人気フリーウェア。今回、「Lhaplus Version 1.56」およびそれ以前のバージョンに脆弱性が見つかったもので、不正に細工されたZOO形式のファイルを展開した場合、任意のコードが実行されるおそれがある。

今回見つかった脆弱性は、2007年9月や11月の脆弱性とは異なる脆弱性。現在、最新版となる「Lhaplus Version 1.57」が公開されており、バージョンへアップすることで問題を解消できる。

Lhaplus
http://www7a.biglobe.ne.jp/~schezo/

(Security NEXT - 2008/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人気アーカイバ「Lhaplus」に複数の脆弱性 - 修正版が公開
「Lhaplus」の実行ファイル読込処理に脆弱性 - 11日公開版で対処済み
複数人気解凍ソフトに脆弱性 - IPAがアップデート呼びかけ
圧縮解凍ソフト「Lhaplus」にバッファオーバーフローの脆弱性
人気アーカイバ「Lhaplus」に脆弱性 -問題解決したアップデートが公開に