Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Excel向けセキュリティ更新プログラムに不具合

マイクロソフトは、3月12日より提供を開始した月例セキュリティ更新プログラム「MS08-014」に、不具合が見つかったと発表した。

今回見つかった不具合は、同プログラムをExcel 2003へ適用し、配列数式としてリアルタイムデータソース(RTD)を参照するユーザー定義関数を使用すると、誤った計算結果が返されるもの。複数セルに対する配列数式ではなく、各セルに対して関数を設定することで問題を回避できる。

同社では現在詳細について調査を進めており、判明次第アナウンスを行う予定。

セキュリティ更新プログラム MS08-014 のインストール後、ユーザー定義関数でリアル タイム データ ソース (RTD) が使用されると、誤った計算結果が返される
http://support.microsoft.com/kb/950340/

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ