Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイト脆弱性届出の9割カバー、失敗例も学べる資料 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、ウェブサイト構築や運営において、配慮すべきセキュリティの情報を取りまとめた資料「安全なウェブサイトの作り方」の最新版を公開した。

同資料では、同機構に届けられたウェブサイトの脆弱性情報において、件数の多かった脆弱性や攻撃による被害が大きい脆弱性を中心に取りまとめたもの。届け出の約9割を網羅するなどウェブサイトの開発者や運営者に役立つ内容で、公開以来、累計70万件以上ダウンロードされている。

最新版となる改訂第3版では、届け出の約7割を占めるSQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングの脆弱性など具体的な「失敗例」を掲載。またアクセス制御や認可制御の欠落にの解決策についても追加した。

(Security NEXT - 2008/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト