Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイト脆弱性届出の9割カバー、失敗例も学べる資料 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、ウェブサイト構築や運営において、配慮すべきセキュリティの情報を取りまとめた資料「安全なウェブサイトの作り方」の最新版を公開した。

同資料では、同機構に届けられたウェブサイトの脆弱性情報において、件数の多かった脆弱性や攻撃による被害が大きい脆弱性を中心に取りまとめたもの。届け出の約9割を網羅するなどウェブサイトの開発者や運営者に役立つ内容で、公開以来、累計70万件以上ダウンロードされている。

最新版となる改訂第3版では、届け出の約7割を占めるSQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングの脆弱性など具体的な「失敗例」を掲載。またアクセス制御や認可制御の欠落にの解決策についても追加した。

(Security NEXT - 2008/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県