Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員の自宅PCから組合員の個人情報2266件がWinny流出 - JA越後ながおか

越後ながおか農業協同組合において、組合員の個人情報が、職員の自宅パソコンからファイル共有ソフト「Winny」を介してインターネット上に流出していたことが判明した。

流出したのは、農業関係者の個人情報最大2266件で、出荷や転作、農地といった農業関連情報のほか、一部では口座番号も含まれる。同農協によれば、流出した情報は2006年10月12日以前のものだという。

2月9日に外部からの情報提供を受け流出に気が付いたという。その後の調査により、職員の自宅パソコンがウイルスに感染し、Winny経由で流出していたことが明らかになったという。流出した情報の不正使用などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2008/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA