Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員の自宅PCから組合員の個人情報2266件がWinny流出 - JA越後ながおか

越後ながおか農業協同組合において、組合員の個人情報が、職員の自宅パソコンからファイル共有ソフト「Winny」を介してインターネット上に流出していたことが判明した。

流出したのは、農業関係者の個人情報最大2266件で、出荷や転作、農地といった農業関連情報のほか、一部では口座番号も含まれる。同農協によれば、流出した情報は2006年10月12日以前のものだという。

2月9日に外部からの情報提供を受け流出に気が付いたという。その後の調査により、職員の自宅パソコンがウイルスに感染し、Winny経由で流出していたことが明らかになったという。流出した情報の不正使用などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2008/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
宿泊者予約者の個人情報をメールで誤送信 - 京急EXイン
DTRSと情セ大、AI用いたダークウェブからの情報抽出で共同研究
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
チケットキャンプ、本人認証を厳格化 - 不正出品対策で
ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム