Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イーバンク銀狙うフィッシング詐欺サイトが再び発生

フィッシング対策協議会は、イーバンク銀行を装ったフィッシング詐欺サイトが発生しているとして注意を呼びかけている。

IDやパスワードなど詐取する同銀を装ったフィッシングサイトは、2007年8月や10月にも発生が確認されており、同銀では繰り返し注意喚起を実施していた。

再び同様の攻撃が発生しているとして、不審なメールを受け取った場合もIDやパスワード、暗証番号など誤って入力しないようフィッシング対策協議会では注意を促している。

(Security NEXT - 2008/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
10月のフィッシングサイト、過去最多に - 報告は8000件を突破
正規メルマガ機能がフィッシングの踏み台に - ロックファッションサイト
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
「顧客満足度調査で1万円」とだますフィッシング - 三井住友銀を偽装
「2万円の払い戻し」などと誘う全日空のフィッシングに注意
図書館システム「LIMEDIO」に脆弱性 - 緩和策がアナウンス
「楽天」や「LINE」の偽メールに注意 - 警告を無視するよう指示
「PowerCMS」にオープンリダイレクトの脆弱性 - 修正版がリリース
ネットバンクの不正送金、9月に急増 - 2要素認証も突破か