Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報の取り扱いに疑問「14.4%」 - 4月スタートの「特定健診」

2008年4月からスタートする「特定健康診査」や「特定保健指導」だが、認知は43.5%にとどまり、個人情報や機密情報などの取り扱いについても疑問に感じる人が1割以上にのぼることがわかった。

インターワイヤードが、同社ネットリサーチサービスの登録モニター9863人を対象に「特定健康診査」や「特定保健指導」について世論調査を実施し、判明したもの。「特定健診」について疑問に感じることや詳しく知りたいと思うことについて質問したところ、7割弱が「費用」とし、受診場所や検査内容なども半数弱と多かった。

一方で、個人情報や機密情報の管理について疑問に思う人も14.4%と1割を超えており、「会社で健診を受けた場合に弊害が発生するのでは」といった不安の声も寄せられたという。

(Security NEXT - 2008/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国体参加者情報など含む開発中システムに不正アクセス - 日本スポーツ協会
マカフィーのコンシューマー製品に脆弱性 - アップデートがリリース
システム制御製品「CX-Supervisor」の同梱「TeamViewer」に脆弱性
IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書
重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
Adobe、複数製品向けにアップデートをリリース - 深刻な脆弱性を修正
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用された可能性 - スポーツ用品通販
IPA、若年層向けコンクールの受賞候補作を公開 - 意見募集
メール誤送信で推薦入試出願者のメアド流出 - 県立広島大