Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報の取り扱いに疑問「14.4%」 - 4月スタートの「特定健診」

2008年4月からスタートする「特定健康診査」や「特定保健指導」だが、認知は43.5%にとどまり、個人情報や機密情報などの取り扱いについても疑問に感じる人が1割以上にのぼることがわかった。

インターワイヤードが、同社ネットリサーチサービスの登録モニター9863人を対象に「特定健康診査」や「特定保健指導」について世論調査を実施し、判明したもの。「特定健診」について疑問に感じることや詳しく知りたいと思うことについて質問したところ、7割弱が「費用」とし、受診場所や検査内容なども半数弱と多かった。

一方で、個人情報や機密情報の管理について疑問に思う人も14.4%と1割を超えており、「会社で健診を受けた場合に弊害が発生するのでは」といった不安の声も寄せられたという。

(Security NEXT - 2008/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
生活保護受給者名簿が所在不明、車の屋根に置き忘れ - 高岡市
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も