Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横浜市、職員約6000人分の給与明細を紛失 - 誤廃棄か

横浜市において、市職員約6000人分の給与明細など記載された書類が、収納されていた箱ごと所在不明になっている。

所在が不明になっているのは、職員の給与明細を所属ごとにまとめた「給与等仕訳書」。2005年度分30箱のうち、11局4区分を収めた6箱の行方がわからなくなっている。同書類には、職員約6000人分の氏名および給与明細などの個人情報が含まれているという。

2月1日に、同書類のデータをマイクロフィルムに移行するため、書類の分類作業を実施したが、その際に書類の紛失が発覚。倉庫などの捜索を行ったが、発見できなかったという。同市では、2007年4月に不要文書の廃棄処理を行っており、誤って混入させて処分した可能性が高いとしているが、捜索は続けている。

同市では、書類を収納した箱の廃棄や移動の際、個数チェックを怠ったことが原因だとして、今後は整理番号を付けて確認しながら搬出するなど、再発防止対策を進める。

(Security NEXT - 2008/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA、若年層向けコンクールの受賞候補作を公開 - 意見募集
メール誤送信で推薦入試出願者のメアド流出 - 県立広島大
顧客情報含む業務用携帯を紛失 - 中部ケーブルネットワーク
成績情報含むUSBメモリが所在不明 - 奈良学園中
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
三菱製シーケンサのCPUユニットにDoS脆弱性
イベント案内メール誤送信、企業のメアド流出 - 新潟県
患者情報が飲食店駐車場で盗難被害に - 半田病院
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
アーティストグッズ通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面へ誘導