Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソリトンとH3C、Windows Server 2008対応の検疫ネットワークで協業

ソリトンシステムズとH3Cテクノロジージャパンは、Windows Server 2008対応の検疫ネットワークシステムの分野で協業すると発表した。

ソリトンは、Windows Server 2008のネットワークアクセス保護機能「NAP」に対応した検疫ネットワークシステムを開発。今回の協業により、同システムを搭載したスイッチをH3Cが製造し、ソリトンが販売する。

同システムでは、DHCPベースの検疫手法「NAP-DHCP」に対応しているが、さらに固定IPアドレスの端末や正規ではないDHCPサーバが設置された場合など、DHCP利用時の不正接続についても対応。IPベースのアクセス制御技術を搭載した。

(Security NEXT - 2008/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
プライバシーガバナンスガイドブックでパブコメ - 経産省
指導要録の写しと学籍に関する記録が所在不明 - NHK学園高校
写真クラウドのデータ消失、原因はプログラムミス - キヤノン
サーバから顧客情報が削除され不正持ち出し - コンサル会社
工務店マッチングサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
関電の「はぴeみる電」に不正ログイン - 複数海外IPアドレスから試行
トレンドマイクロの複数製品に脆弱性 - 順次更新を実施