Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソリトンとH3C、Windows Server 2008対応の検疫ネットワークで協業

ソリトンシステムズとH3Cテクノロジージャパンは、Windows Server 2008対応の検疫ネットワークシステムの分野で協業すると発表した。

ソリトンは、Windows Server 2008のネットワークアクセス保護機能「NAP」に対応した検疫ネットワークシステムを開発。今回の協業により、同システムを搭載したスイッチをH3Cが製造し、ソリトンが販売する。

同システムでは、DHCPベースの検疫手法「NAP-DHCP」に対応しているが、さらに固定IPアドレスの端末や正規ではないDHCPサーバが設置された場合など、DHCP利用時の不正接続についても対応。IPベースのアクセス制御技術を搭載した。

(Security NEXT - 2008/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
生活保護受給者名簿が所在不明、車の屋根に置き忘れ - 高岡市
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集