Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

RealPlayerに未修正の脆弱性 - セキュリティベンダーが注意呼びかけ

「RealPlayer 11.x」に脆弱性が見つかったとして、セキュリティベンダーなどは注意を呼びかけている。

問題の脆弱性は、予期せぬエラーによりバッファオーバーフローが発生するもので、攻撃を受けた場合、任意のコードが実行されるおそれがある。

1月8日の時点では脆弱性を解消するパッチは提供されていない。信頼がおけないファイルやウェブサイトにアクセスしないよう、セキュリティベンダーでは注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
個人情報の紛失防止で組織向けに教育資料 - JIPDEC
小学校で児童情報を紛失、年賀状作成で持出 - 熊本市
「Emotet」感染でなりすましメール送信 - 岐阜新聞社
印刷ミスの受託県税督促状を駅ゴミ箱に - 兵庫県委託先
「個人データを情報銀行へ預けてもよい」55% - 情報漏洩や悪用に懸念も
「Samba」に3件の脆弱性、アップデートがリリース
セブンイレブン向けネットプリントアプリに脆弱性
誤送信で博士課程在籍者のメアドが流出 - 琉球大
避難行動要支援者の情報含むUSBメモリを紛失か - 富津市