Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一太郎に再び脆弱性 - ゼロデイ攻撃をセキュリティベンダーが警告

ジャストシステムの人気ワープロソフト「一太郎」に対するゼロデイ攻撃を確認したとしてセキュリティベンダーが注意を呼びかけている。

セキュリティベンダーのSymantecが、トロイの木馬「Trojan.Tarodrop.F」を確認したもので、「一太郎」における未解決の脆弱性を攻撃するという。同ウイルスは、メールに添付され送信されており、誤って開くとバッファオーバーフローが発生し、任意のコードが実行されるおそれがあるという。

Symatecでは、危険度をもっとも低い「Very Low」としたが、一方でセキュリティベンダーのSecuniaは、活発に利用されているとしてアドバイザリで深刻度を最高ランクの「Extremely critical」に設定、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール送信ミス、ペースメーカー検定受検者のメアドが流出
インターンシップ参加予定者の個人情報を誤送信 - 新潟県
メールサーバ「CyberMailV7」に脆弱性 - 旧製品も影響
MS Dynamics 365 Finance and Operationsに深刻な脆弱性
「Apache HTTP Server」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「ZeroShell」に対する脆弱性攻撃、国内でも観測
「XenMobile Server」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用
「vBulletin」に脆弱性、過去のパッチ不備で問題再燃 - すでに攻撃も
パソコン向け「Adobe Lightroom」に脆弱性 - 更新版が公開