Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会津若松市のウェブサイトが不正アクセス被害 - フィッシングサイト設置される

会津若松市のウェブサイトが不正アクセスの被害に遭い、フィッシングサイトが設置されていたことがわかった。個人情報流出の可能性は低いという。

11月27日に同市ウェブサイトの「教育ポータルサイト」に、アメリカのオークション会社のサイトを装った英語のページが設置されたもので、外部の指摘により判明。個人情報の詐取を目的としたフィッシングサイトとみられ、同市はウェブサイトを閉鎖した。

教育サイト以外にも不正な書き込みが行われており、同市では、ウェブサイトの公開再開は当面不可能と判断し、代替サイトを臨時で公開している。今後は不正侵入の原因を調査し、セキュリティのチェックなどを実施する。

(Security NEXT - 2007/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信ミス、ペースメーカー検定受検者のメアドが流出
インターンシップ参加予定者の個人情報を誤送信 - 新潟県
メールサーバ「CyberMailV7」に脆弱性 - 旧製品も影響
MS Dynamics 365 Finance and Operationsに深刻な脆弱性
「Apache HTTP Server」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「ZeroShell」に対する脆弱性攻撃、国内でも観測
「XenMobile Server」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用
「vBulletin」に脆弱性、過去のパッチ不備で問題再燃 - すでに攻撃も
パソコン向け「Adobe Lightroom」に脆弱性 - 更新版が公開