Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザから情報を傍受する次世代攻撃「Man in the Browser」に注意

日本エフ・セキュアは、オンラインバンキングの利用者から個人情報を盗み出す不正コード「Man in the Browser」に注意を呼びかけている。

同コードは、キーロガー、フィッシング、ファーミングなど従来の攻撃方法とは異なる手口の攻撃が特徴で、特定のオンラインバンキングのウェブサイトへアクセスすると起動し、ブラウザからHTMLコードを傍受することにより、IDやパスワードなどログイン情報を盗み出し、外部にFTPで送信するという。

同攻撃では、大量に攻撃を仕掛けるフィッシング詐欺メールなどと異なり、特定サイトを攻撃するなどパターンファイルなどによる対応が難しいため、振る舞いから検知するセキュリティ対策ソフトの利用が必要と同社では警告している。

(Security NEXT - 2007/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた