Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザから情報を傍受する次世代攻撃「Man in the Browser」に注意

日本エフ・セキュアは、オンラインバンキングの利用者から個人情報を盗み出す不正コード「Man in the Browser」に注意を呼びかけている。

同コードは、キーロガー、フィッシング、ファーミングなど従来の攻撃方法とは異なる手口の攻撃が特徴で、特定のオンラインバンキングのウェブサイトへアクセスすると起動し、ブラウザからHTMLコードを傍受することにより、IDやパスワードなどログイン情報を盗み出し、外部にFTPで送信するという。

同攻撃では、大量に攻撃を仕掛けるフィッシング詐欺メールなどと異なり、特定サイトを攻撃するなどパターンファイルなどによる対応が難しいため、振る舞いから検知するセキュリティ対策ソフトの利用が必要と同社では警告している。

(Security NEXT - 2007/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト