Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生のPCから大学付属病院の患者情報がネット流出 - 島根大

島根大学は、学生や医学部附属病院の患者に関する情報が、ファイル交換ソフトにより外部に流出したと発表した。

同大医学部学生の私用パソコンからウイルス感染をきっかけにファイル交換ソフトを通じてインターネット上へ流出したもので、9月20日に外部より指摘を受けて9月12日に流出したことが判明したという。

流出したデータは、2005年に作成された研究資料で,氏名や年齢のほか、病名や症状、検査データなど、同大付属病院の患者情報60人分が含まれる。また学生の情報を記載した個人的な名簿なども流出した。

同大では、漏洩した患者などに対して事情を説明し、謝罪した。また学内関係者に注意喚起を実施し、今回問題となった医学部では、個人情報管理の内部監査を実施するほか、研修を行ったという。

島根大学
http://www.shimane-u.ac.jp/

(Security NEXT - 2007/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収
患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構