Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生のPCから大学付属病院の患者情報がネット流出 - 島根大

島根大学は、学生や医学部附属病院の患者に関する情報が、ファイル交換ソフトにより外部に流出したと発表した。

同大医学部学生の私用パソコンからウイルス感染をきっかけにファイル交換ソフトを通じてインターネット上へ流出したもので、9月20日に外部より指摘を受けて9月12日に流出したことが判明したという。

流出したデータは、2005年に作成された研究資料で,氏名や年齢のほか、病名や症状、検査データなど、同大付属病院の患者情報60人分が含まれる。また学生の情報を記載した個人的な名簿なども流出した。

同大では、漏洩した患者などに対して事情を説明し、謝罪した。また学内関係者に注意喚起を実施し、今回問題となった医学部では、個人情報管理の内部監査を実施するほか、研修を行ったという。

島根大学
http://www.shimane-u.ac.jp/

(Security NEXT - 2007/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト