Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横浜市システム担当職員の個人パソコンから業務情報などがWinny流出

横浜市職員が利用する私用パソコンから個人情報を含む業務情報が外部へ流出したことがわかった。

同市病院経営局のシステム構築を担当する男性係長が利用する個人用のパソコンから、ファイル506件や電子メール1601件がインターネット上に流出したもの。

9月23日にウイルスへ感染し、ファイル交換ソフト「Winny」を通じて外部へ流出したという。インターネット上の掲示板に流出を指摘する書き込みが行われ、9月25日に匿名電話で通報があり判明。総務省からも同様の指摘があった。

同市によれば、流出したファイルの約1割が業務に関連するデータで、氏名や部署、職種、自宅住所や電話番号など職員約60人分の名簿をはじめ、研修資料やプログラム、市政情報など含まれる。また患者情報は含まれていないと説明しているが、詳細について調査を進めている。

同市では、私用パソコンによるデータの取り扱いを禁止していたが、守られていなかった。同市病院経営局長の原正道氏は、今回の流出について謝罪し、「担当者は情報処理の仕事をしてきており、指導的な立場にあるもので、非常に残念」とコメントした。

同市では、名簿に記載された関係者へ謝罪し、事態を明らかにした上で職員の処分するとしている。

横浜市
http://www.city.yokohama.jp/

(Security NEXT - 2007/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず