Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

163店舗で約35万人分の顧客情報が所在不明 - 三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行の163店舗において、約35万人分の個人情報を記録したマイクロフィルムが所在不明になっていることが判明した。

所在がわからなくなっているのは、預金口座明細表や振込明細表、融資関連元帳、債券関連元帳のほか、小切手や手形ほか、帳票などを記録したマイクロフィルム。顧客名や口座番号、取引金額などが記載されていた。

同行では専門センターへ業務を集約する作業を進めており、その課程で判明したという。不正利用などの指摘は受けておらず、同行では保管期限を経過した他の書類に混入して誤廃棄した可能性が高いと説明している。

(Security NEXT - 2007/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

リコーのプリンタドライバに脆弱性 - 多数製品に影響
患者情報含むメディアが所在不明に - 昭和大学歯科病院
Google、「Chrome 80.0.3987」で複数脆弱性に対処
NECとシスコ、重要インフラ向け機器に真正性のチェック機能
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
Dell TechnologiesがRSAを投資ファンドなどへ売却
マルウェア「LODEINFO」を検知 - JPCERT/CCが解析情報を公開
TMI P&S、セキュリティ対応サービスで2社と協業
ウェブルート、川柳コンテストの入賞作品を発表