Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

163店舗で約35万人分の顧客情報が所在不明 - 三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行の163店舗において、約35万人分の個人情報を記録したマイクロフィルムが所在不明になっていることが判明した。

所在がわからなくなっているのは、預金口座明細表や振込明細表、融資関連元帳、債券関連元帳のほか、小切手や手形ほか、帳票などを記録したマイクロフィルム。顧客名や口座番号、取引金額などが記載されていた。

同行では専門センターへ業務を集約する作業を進めており、その課程で判明したという。不正利用などの指摘は受けておらず、同行では保管期限を経過した他の書類に混入して誤廃棄した可能性が高いと説明している。

(Security NEXT - 2007/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - ルート権限取得のおそれ
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ