Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

163店舗で約35万人分の顧客情報が所在不明 - 三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行の163店舗において、約35万人分の個人情報を記録したマイクロフィルムが所在不明になっていることが判明した。

所在がわからなくなっているのは、預金口座明細表や振込明細表、融資関連元帳、債券関連元帳のほか、小切手や手形ほか、帳票などを記録したマイクロフィルム。顧客名や口座番号、取引金額などが記載されていた。

同行では専門センターへ業務を集約する作業を進めており、その課程で判明したという。不正利用などの指摘は受けておらず、同行では保管期限を経過した他の書類に混入して誤廃棄した可能性が高いと説明している。

(Security NEXT - 2007/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート