Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本郵政公社、書類約745万件を誤廃棄 - 「外部への流出ない」

日本郵政公社において本来は保存すべき書類745万件を誤って廃棄していたことが判明した。

今回誤廃棄が判明したのは、送金や支払いに利用される約567万5000件の「郵便振替払込書」をはじめ、「キャッシュサービス利用廃止届書」約1万8000件や「定額小為替再交付請求書」約157万5000件、「通帳等再交付・全払請求書」約18万7000件など。

いずれも貯金事務センターが管理しており、同センターが保存書類の内部点検を実施したところ判明した。数字は22日時点のもので、同社では現在も調査を進めている。

同社では、保存書類の廃棄処分時には立ち会っており、外部へ流出したおそれはないと説明している。また書類のデータは別途保存されており、業務上問題ないという。

日本郵政公社
http://www.japanpost.jp/

(Security NEXT - 2007/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大