Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Lhaz」の脆弱性を攻撃するトロイの木馬現る - 対応版が緊急公開

ファイルの圧縮や解凍が行える人気フリーソフト「Lhaz ver.1.33」の脆弱性を攻撃するトロイの木馬が見つかった。開発元は脆弱性を解消した新版を公開している。

同ソフトは、LZH形式のほか、さまざまなファイル形式によるファイルの圧縮や解凍などが行える国産アーカイバ。マカフィーによれば、今回見つかった「Exploit-LHAZ.a」は、gzipファイルとして流通し、「Lhaz 1.33」で読み込むと脆弱性を利用して予期せぬファイルが実行されるという。

同トロイの木馬は17日に確認され、複数のセキュリティベンダーが注意を呼びかけていたが、同ソフトの開発元であるちとらsoftは、同脆弱性に対応した「Lhaz ver.1.34β2」を20日に公開している。

ちとらsoft
http://www.chitora.jp/

(Security NEXT - 2007/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ