Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新幹線に顧客情報含むPCを置き忘れ - デリカフーズ子会社

デリカフーズは、子会社の従業員が個人情報を保存したノートパソコンを新幹線の車内で紛失したと発表した。

名古屋デリカフーズの従業員が8月7日に東海道新幹線で移動する際に車内へ置き忘れ、紛失したもの。パソコンには取引先の顧客情報が保存されていたという。

パソコンにはセキュリティ対策など行われておらず、関連する顧客に対して事情の説明や謝罪を行っている。またデリカフーズでは、グループにおいてセキュリティ対策を進めてきたが徹底されていなかったとして再発防止を目指すという。

(Security NEXT - 2007/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も