Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新幹線に顧客情報含むPCを置き忘れ - デリカフーズ子会社

デリカフーズは、子会社の従業員が個人情報を保存したノートパソコンを新幹線の車内で紛失したと発表した。

名古屋デリカフーズの従業員が8月7日に東海道新幹線で移動する際に車内へ置き忘れ、紛失したもの。パソコンには取引先の顧客情報が保存されていたという。

パソコンにはセキュリティ対策など行われておらず、関連する顧客に対して事情の説明や謝罪を行っている。またデリカフーズでは、グループにおいてセキュリティ対策を進めてきたが徹底されていなかったとして再発防止を目指すという。

(Security NEXT - 2007/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく
アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用
県立高校で生徒個人情報含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
注意喚起で掲載した架空請求ハガキに個人情報 - マスキング不十分で
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
2019年上半期の「ファイルレス」攻撃、前年同期比3.6倍に