Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業向けウェブフィルタリングソフト「i-FILTER」の最新版 - ログの改ざんが検知可能に

デジタルアーツは、企業向けウェブフィルタリングソフト「i-FILTER」の最新版を8月20日より発売する。内部統制強化に効果的な「アクセスログ改ざん検知機能」が追加された。

同製品は、企業向けのウェブフィルタリングソフト。最新版発売に伴い、無償で同梱されるレポートツール「i-FILTER Reporter」、および有償オプションのログ検索ツール「i-FILTER Log Search」もバージョンアップした。

今回、イメージ検索機能を拡張し、掲示板や翻訳サイト、ショッピングサイトなど、URLパラメータを持つサイトに対するフィルタリング機能を強化した。

また、「i-FILTER Log Search」を利用することで、「アクセスログ改ざん検知機能」が利用可能。改ざんの有無をログ自身に記述する機能により、アクセスログを改ざんして不正アクセスを隠蔽する行為を抑止する。

また「i-FILTER Reporter」では、ログの集計時間が大幅に短縮された。従来製品では200万件のログを集計するのに約20時間要していたが、同製品では約3時間に短縮。「サイト別集計」や「URL別集計」など、条件付きの集計にも短時間で対応可能となった。

(Security NEXT - 2007/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も