Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含むUSBメモリや出席簿を盗まれる - 福岡大学

福岡大学は、人文学部の教員が車上荒らしに遭い、学生の個人情報が保存されたUSBメモリや出席簿などが盗まれたと発表した。

同教員が7月4日、帰宅途中に立ち寄ったスーパーの駐車場で車上荒らしに遭い、車内に置いてあった鞄を何者かに盗まれたもの。車は施錠してあったという。

被害に遭ったメモリには、同教員のゼミに所属する学生13名の氏名、住所、携帯電話番号、メールアドレスのほか、非常勤先の大学で行った小テスト約10名分などが保存されていた。また同大学の学生約110名および非常勤先の学生約40名の氏名、学籍番号、出席情報などを含む出席簿や、小テストの答案約60名分なども持ち去られたという。

車上荒らしに気が付き、被害届を提出した。盗まれた情報の不正利用といった報告は受けていないという。大学では関連する学生に対して説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2007/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
サイボウズ、PSIRT構築支援プログラムを開始
「Cybozu Desktop」のWindows版に脆弱性 - アップデートで修正
イベント案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 調味料販売会社
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も
「livedoor ID」に対して大規模な不正ログイン試行
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起