Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス検出数、Netsky以外で顕著な減少を記録

情報処理推進機構が発表した6月のウイルス届け出状況によると、検知数が前月比35.5%を記録し、大幅に減少したことがわかった。

6月のウイルス検出数は約50万個。5月は、4月の62万個から急激に増加して77万個となったが、前月比マイナス35.5%の大幅な減少となり、一転4月の検出数さえも下回った。届出件数についても、2898件と先月より14.3%減少している。

検出数がもっとも多かったのは「Netsky」の約42万個。9万個減少するなど改善が見られた。2位は「Stration」で約2万個、3位は「Mytob」で約1万6000個と続き、「Netsky」が全体の85.0%を占めている。今回、Netsky以外のウイルスの検出数減少が顕著で、合計個数は前月からマイナス71.9%となり、大きな改善が見られた。

一方、不正アクセスの届出件数は41件で、そのうち被害のあったのは36件。サーバが他サイトの攻撃に踏み台にされたケースやWebDAVの設定ミスによりウェブページが改ざんされたケースが報告されている。

また同機構へ寄せられた相談件数は932件で、そのうち「ワンクリック不正請求」に関するものは285件。5月の185件から再び増加に転じており、注意が必要だ。

(Security NEXT - 2007/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も