Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス検出数、Netsky以外で顕著な減少を記録

情報処理推進機構が発表した6月のウイルス届け出状況によると、検知数が前月比35.5%を記録し、大幅に減少したことがわかった。

6月のウイルス検出数は約50万個。5月は、4月の62万個から急激に増加して77万個となったが、前月比マイナス35.5%の大幅な減少となり、一転4月の検出数さえも下回った。届出件数についても、2898件と先月より14.3%減少している。

検出数がもっとも多かったのは「Netsky」の約42万個。9万個減少するなど改善が見られた。2位は「Stration」で約2万個、3位は「Mytob」で約1万6000個と続き、「Netsky」が全体の85.0%を占めている。今回、Netsky以外のウイルスの検出数減少が顕著で、合計個数は前月からマイナス71.9%となり、大きな改善が見られた。

一方、不正アクセスの届出件数は41件で、そのうち被害のあったのは36件。サーバが他サイトの攻撃に踏み台にされたケースやWebDAVの設定ミスによりウェブページが改ざんされたケースが報告されている。

また同機構へ寄せられた相談件数は932件で、そのうち「ワンクリック不正請求」に関するものは285件。5月の185件から再び増加に転じており、注意が必要だ。

(Security NEXT - 2007/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA