Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

京葉銀行、顧客情報扱う業務委託先のチェック体制を強化

京葉銀行は、顧客情報を預託する業務委託先のチェック体制を強化すると発表した。

今回の体制整備は、2007年3月に同社の業務委託先である大日本印刷において大規模な漏洩事件が発生し、同行顧客情報5万6478件が流出したことから、再発防止策として検討していたもの。

同行では、今後委託先の選定にあたり、担当部署だけでなく、てリスク管理部による一元チェックを行うほか、プライバシーマーク認定企業も含めた定期的なチェックを実施。さらに預託する個人データの見直しやデータ廃棄時における報告書の提出など求めるなど対策を進め、同行では今回の対策を通じて、信頼回復に努めたいとしている。

(Security NEXT - 2007/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社