Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

京葉銀行、顧客情報扱う業務委託先のチェック体制を強化

京葉銀行は、顧客情報を預託する業務委託先のチェック体制を強化すると発表した。

今回の体制整備は、2007年3月に同社の業務委託先である大日本印刷において大規模な漏洩事件が発生し、同行顧客情報5万6478件が流出したことから、再発防止策として検討していたもの。

同行では、今後委託先の選定にあたり、担当部署だけでなく、てリスク管理部による一元チェックを行うほか、プライバシーマーク認定企業も含めた定期的なチェックを実施。さらに預託する個人データの見直しやデータ廃棄時における報告書の提出など求めるなど対策を進め、同行では今回の対策を通じて、信頼回復に努めたいとしている。

(Security NEXT - 2007/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

HTTPサーバ「H2O」に脆弱性 - アップデートがリリース
電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県