Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Winny使わないで」 - 不正振込発生でりそな銀など注意呼びかけ

りそな銀行や埼玉りそな銀行は、インターネットバンキングの利用者がパスワードを盗まれ、不正に振り込みが行われる事件が発生したとして、注意を呼びかけている。

利用者がパスワードなど盗まれ、不正に振り込まれる事件が発生しているもので、りそな銀行では1件、埼玉りそな銀行では3件の被害を把握し、現在警察への捜査へ協力しているという。両銀行ともに、システムから顧客情報が流出した可能性については否定している。

パスワードなどの盗難被害に遭わないよう、両銀行では利用者に対して不特定多数が利用する施設からのアクセスしなでほしいとアナウンス。またメールの不審な添付ファイルや信頼できないウェブサイトへのアクセス、Winnyといったファイル交換ソフトの利用を控えるよう注意を喚起した。

また、利用履歴の確認や同サイトで提供するセキュリティサービス「nProtect:Netizen」やソフトウェアキーボードなどを活用してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多