Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客の個人情報を記載した伝票を紛失 - 近畿産業信組

近畿産業信用組合は、個人情報を記載した伝票などを紛失したと発表した。顧客の協力を得て、伝票の復元などを行ったという。

同組合の尼崎支店において「取引伝票綴り」1冊を2月6日に紛失したもの。伝票綴りには、同支店と取り引きのある16名の顧客情報が含まれており、氏名や取引金額のほか、伝票の種類によっては、住所、生年月日、電話番号、職業、性別といった個人情報も記載されていた。

同組合では、その後も内部調査を進めたが発見できなかったため、紛失と判断した。今のところ不正利用の被害などについて報告はないとしている。

また同組合では、対象となる顧客を個別に訪問した上で謝罪。協力を得ながら、署名や捺印など伝票の復元などを行ったたという。

(Security NEXT - 2007/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Chrome」のアップデートがリリース - GPUにおけるUAFの脆弱性を解消
クライアントである歯科や患者情報含むHDDを紛失 - 船井総研
C2Cの違法取引を監視する新サービス - イー・ガーディアン
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
OpenSSLに複数脆弱性、アップデートで解消 - 「PORTSMASH」にも対応
国内特権ID管理製品市場、前年度比10%増