Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新日本製鐵、メール誤送信で顧客のアドレス1055件を流出

新日本製鐵は、3月28日に顧客向けにメールを送信した際、誤って送信先のアドレス1055件が表示された状態で送ったことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、同社薄板営業部住宅建材開発グループが顧客および関係者向けに送信したメール。「BCC」に設定せず同報送信したため、送信先のアドレス1055件が閲覧できる状態で送られた。

同社では誤送信の判明後に謝罪し、該当メールの削除を依頼した。今後は情報発信の手順について必要な見直しを行うとしている。

(Security NEXT - 2007/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も
「VMware Tools」に権限昇格のおそれ - アップデートがリリース
ID管理製品「RSA Identity Governance & Lifecycle」に深刻な脆弱性
高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
NEC製ルータやネットワークカメラに複数脆弱性 - 悪用には管理者権限必要
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
脆弱性緩和ツール「EMET」、7月31日にサポート終了 - 「Windows 7」環境などに影響