Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsのアニメーションカーソルに脆弱性 - ゼロデイアタックも複数発生

Windowsのアニメーションカーソルに脆弱性が見つかった。マイクロソフトやセキュリティベンダーでは、注意を促している。

マイクロソフトによると、今回見つかった脆弱性はWindowsのアニメーションカーソルを狙ったもので、悪意を持って作成されたウェブサイトを閲覧したり、電子メールや添付ファイルを利用した攻撃の可能性があるという。Windows Vistaをはじめ、同2000 SP4/XP SP2や、サーバ製品にも影響が出ている。

同社では、Windows Live OneCare PCセーフティに検出機能を追加し、脆弱性を利用するソフトウェアの駆除が行えるよう対策を実施。Microsoft Security Response Alliance パートナーとも情報を共有し、攻撃の検出や駆除が行えるよう対応を進めている。また、セキュリティ更新プログラムの提供準備を進めている。

セキュリティベンダーのトレンドマイクロによれば、今回発見された脆弱性を狙ったゼロデイ攻撃もすでに発生しており、複数の攻撃を確認したという。

同社が検知したのは、問題ある画像ファイルで、トロイの木馬「TROJ_ANICMOO.AX」で、脆弱性を攻撃されると、不正プログラム「TROJ_SMALL.DRF」をダウンロードする。同社ではいずれの不正プログラムもダメージ度を「中」としている。

また、HTMLメールによる攻撃「HTML_DLOADER.HKM」についても把握しており、同メールでは悪意あるコードを含む画像ファイルがHTML内に設定されており、アニメーションカーソルとして使用された場合、攻撃を受けるという。さらにメール本文から誘導を行うソーシャルエンジニアリング的な手法も用いられるケースがあるとして注意を促している。

(Security NEXT - 2007/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セミナー申込者の個人情報が流出、人為ミスで - 大阪商工会議所
JPCERT/CCの新代表理事に菊池浩明氏が就任
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
がん検診結果など含むUSBメモリが委託先で所在不明 - 尼崎市
閲覧禁止の人事情報にアクセス、危機管理課職員を処分 - 龍ケ崎市
Officeドキュメントベースのダウンローダーが前月比3.4倍に
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大