Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

りそな銀ら、ICカードを利用する貸金庫を開発 - 東京ミッドタウンで運用開始

りそな銀行、NTTデータ、イトーキの3社は、生体認証ICキャッシュカードを鍵として利用する全自動型貸金庫を開発した。りそな銀行では、東京ミッドタウン支店で同金庫の運用を開始する。

今回開発された貸金庫は、同行がATM向けに発行している生体認証ICカードとダイアルキーを利用するもの。従来の物理鍵は利用せず、貸金庫専用ICカードを発行することで代理人の利用も可能となっている。

また小型のため、撤去や移設、増設が容易に行えるという。開発にあたっては、りそな銀行が企画、発案を行い、イトーキの小型全自動貸金庫をベースに、システムの構築をNTTデータが担当した。

(Security NEXT - 2007/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【追記あり】JSSEC、「セキュリティフォーラム2020」を3月に開催
JSSECら、新型コロナ対応で3月開催イベントを自粛
セミナー申込者のメアドが流出 - 首都大学東京
100以上の項目で標的型攻撃対策を評価する診断サービス
ワイン通販サイト、クレカ情報流出の可能性
クレカ会員向けサイトにPWリスト攻撃 - トヨタファイナンス
【追記あり】人材育成プログラム「SecHack365」 - 3月に成果発表会
「SecHack365 2019」成果発表会を延期 - 新型コロナ影響
リコーのプリンタドライバに脆弱性 - 多数製品に影響
「Apache Tomcat」にリモートよりコードを実行されるおそれ