Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井生命関連会社からWinny通じて1501件の個人情報が流出

三井生命保険の関連会社からWinnyを通じて三井生命の顧客情報など、個人情報が流出していたことがわかった。

業務を委託していた関連会社であるエルアイ・システムズの従業員が、開発作業を自宅の私有パソコンで行うため個人情報を持ち出し、パソコン内部に保存。その後2005年9月ごろにウイルス感染し、インストールされていたWinnyを経由してデータが流出したと見られている。

流出したのは、三井生命が扱う企業年金の加入者情報1392件で、氏名や生年月日のほか、一部では住所や口座番号も含まれる。また、三井生命やエルアイ・システムズの従業員に関する情報109件の流出についても確認されており、氏名や住所、メールアドレスなどが漏洩した。

エルアイ・システムズでは、社内規定でデータの持ち出しについて制限していたが、守られていなかった。情報の不正利用は確認されていないという。三井生命では、対象となる顧客へ事情の説明や謝罪を行っているが、住所などが含まれていない顧客いついては、特定を急いでいる。

三井生命では、2007年2月にも同社が受託するグループ生命保険の加入者情報86件の流出が明らかとなり、流出経路の調査などを行っている最中だった。

(Security NEXT - 2007/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール送信ミス、ペースメーカー検定受検者のメアドが流出
インターンシップ参加予定者の個人情報を誤送信 - 新潟県
メールサーバ「CyberMailV7」に脆弱性 - 旧製品も影響
MS Dynamics 365 Finance and Operationsに深刻な脆弱性
「Apache HTTP Server」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「ZeroShell」に対する脆弱性攻撃、国内でも観測
「XenMobile Server」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用
「vBulletin」に脆弱性、過去のパッチ不備で問題再燃 - すでに攻撃も
パソコン向け「Adobe Lightroom」に脆弱性 - 更新版が公開