Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井生命関連会社からWinny通じて1501件の個人情報が流出

三井生命保険の関連会社からWinnyを通じて三井生命の顧客情報など、個人情報が流出していたことがわかった。

業務を委託していた関連会社であるエルアイ・システムズの従業員が、開発作業を自宅の私有パソコンで行うため個人情報を持ち出し、パソコン内部に保存。その後2005年9月ごろにウイルス感染し、インストールされていたWinnyを経由してデータが流出したと見られている。

流出したのは、三井生命が扱う企業年金の加入者情報1392件で、氏名や生年月日のほか、一部では住所や口座番号も含まれる。また、三井生命やエルアイ・システムズの従業員に関する情報109件の流出についても確認されており、氏名や住所、メールアドレスなどが漏洩した。

エルアイ・システムズでは、社内規定でデータの持ち出しについて制限していたが、守られていなかった。情報の不正利用は確認されていないという。三井生命では、対象となる顧客へ事情の説明や謝罪を行っているが、住所などが含まれていない顧客いついては、特定を急いでいる。

三井生命では、2007年2月にも同社が受託するグループ生命保険の加入者情報86件の流出が明らかとなり、流出経路の調査などを行っている最中だった。

(Security NEXT - 2007/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力