Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福岡市、住民票や戸籍の交付申請書など411件を紛失 - 誤廃棄か

福岡市は、中央区総務部市民課において、個人情報が記載された帳票を含む「諸証明申込書綴」1冊の紛失が判明したと発表した。

所在が不明となっているのは、2006年8月22日分の「諸証明申込書綴」1冊。住民票交付申請書292件、戸籍交付申請書112件ほか411件の帳票が含まれる。住民票交付申請書には、発行する個人の氏名、住所、生年月日と請求人の氏名、住所が記載されている。また戸籍交付申請書には、発行する個人の本籍地と筆頭者名、および請求人の氏名、住所が記載されている。

2月1日に戸籍交付申請書の個人情報開示請求があり、対応するため申請書を確認していた過程で紛失が判明。職員から事情聴取した結果、不要書類とともに誤って廃棄した可能性が高いことがわかったという。

今後は、月次報告や書庫への搬入の際に、申請書綴が確実に保管されているか確認して報告することを義務付けるなど、管理体制を強化するとしている。

(Security NEXT - 2007/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から
「Docker」設定ミス狙う攻撃に注意 - マルウェア感染のおそれ
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に