Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EV SSL証明書の普及目指す「日本電子認証協議会」が発足

日本国内においてEV SSL証明書の普及を目指し、電子認証を展開するベンダー8社やマイクロソフト、Mozilla Japanが中心となり「日本電子認証協議会」を発足した。

同協議会は、海外の動きを踏まえながら、国内の商習慣や法体系に準じた認証プロセスの構築や電子メールやCode Signing、VoIPなどへのEV証明書の応用など、EV SSL証明書の普及や企業認証基盤サービスの定着などを目指すという。

米国において主要電子認証局とブラウザベンダーが設立した「CA/Browser Forum(CABF)」が電子証明書の認証プロセスに関する要件を定義しており、指針化された認証プロセスにより「EV SSL証明書」が発行されている。

マイクロソフトの最新ブラウザIE 7.0では、アドレスバーの表示が変わり、視覚的にSSL通信を利用しているか確認できる機能が盛り込むなど、対応製品も登場している。

(Security NEXT - 2007/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内特権ID管理製品市場、前年度比10%増
既存のメール脅威対策を評価する無料サービス - 「Office 365」環境向けに
バックアップ製品「vSphere Data Protection」に深刻な脆弱性
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上