Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小田急電鉄、メール送信ミスで就職セミナー参加者316名のアドレス流出

小田急電鉄は、就職セミナーに参加した学生316名へメールを送信した際、誤操作によりアドレスが表示された状態で送ったことを明らかにした。

同社は2月14日および15日に、就職セミナーに参加した学生316名に対し7つのグループに分割してメール送信した。その際送信先アドレスを宛先に入力したため、同一グループ内のアドレスが閲覧できる状態となった。

同社では該当する学生に対し説明と謝罪をするとともに、誤送信メールの削除を依頼したという。

(Security NEXT - 2007/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定