Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小田急電鉄、メール送信ミスで就職セミナー参加者316名のアドレス流出

小田急電鉄は、就職セミナーに参加した学生316名へメールを送信した際、誤操作によりアドレスが表示された状態で送ったことを明らかにした。

同社は2月14日および15日に、就職セミナーに参加した学生316名に対し7つのグループに分割してメール送信した。その際送信先アドレスを宛先に入力したため、同一グループ内のアドレスが閲覧できる状態となった。

同社では該当する学生に対し説明と謝罪をするとともに、誤送信メールの削除を依頼したという。

(Security NEXT - 2007/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ローン申込者の顧客情報を「OpenChat」へ誤投稿 - LINE Credit
PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し
クレカ会員向けサービスにPWリスト攻撃、ポイント交換も - ジャックス
アロマオイル通販サイトに不正アクセス - 偽画面からクレカ情報詐取
「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
「Android 10」に対応したセキュアコーディングガイド新版
「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム
育児出産情報サイトにPWリスト攻撃 - ポイント不正交換か