Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府配布のボット対策ツールに脆弱性見つかる

総務省と経済産業省が中心となり、官民共同でボット対策プロジェクトを進めているが、プロジェクトのポータルサイト「サイバークリーンセンター」上で配布されたボット対策ツールに脆弱性があることが判明した。

今回、脆弱性が判明したのは、1月25日から2月9日まで配布されていた「CCC クリーナー」。同ツールに含まれるトレンドマイクロの検索エンジンに一部脆弱性が含まれており、特定の条件で利用するとWindowsが異常終了するという。JPCERTコーディネーションセンターでは、問題あるバージョンについては削除するよう呼びかけている。

同サイトでは、2月9日19時32分に問題を修正した「CCC パターンVer:253」を公開。また、11日にトレンドマイクロが発表したルートキット対策モジュールの脆弱性については影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2007/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず