Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報セキュリティの功労者選ばれる - 唯一選ばれた団体は豊中市

2月2日と制定された「情報セキュリティの日」のイベントの一環として、情報セキュリティの功労者4名と1団体が選ばれた。同日、総理大臣官邸内で記念式典が開かれ、内閣官房長官から表彰状が授与された。

暗号理論や認証技術の研究開発のほか、セキュリティ人材の育成に貢献した情報セキュリティ大学院大学学長の辻井重男氏や、IT戦略本部情報セキュリティ専門調査会の分科会で座長を務め、セキュリティ監査の発展に寄与した中央大学教授の土居範久氏が選ばれた。

また、サイバー犯罪予防に功績が認められたテレコムサービス協会サービス倫理委員長の桑子博行氏、元NEC社長で、IT戦略本部情報セキュリティ専門調査会情報セキュリティ基本問題委員会の委員長を務め、「第一次提言」「第二次提言」の取りまとめた故金杉明信氏が同じく受賞している

今回、地方自治体においてISMSを先駆けて取得した 大阪府豊中市が、他の地方公共団体等の模範となるとして、唯一団体として選出されている。

(Security NEXT - 2007/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セミナー申込者の個人情報が流出、人為ミスで - 大阪商工会議所
JPCERT/CCの新代表理事に菊池浩明氏が就任
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
がん検診結果など含むUSBメモリが委託先で所在不明 - 尼崎市
閲覧禁止の人事情報にアクセス、危機管理課職員を処分 - 龍ケ崎市
Officeドキュメントベースのダウンローダーが前月比3.4倍に
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大