Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報セキュリティの功労者選ばれる - 唯一選ばれた団体は豊中市

2月2日と制定された「情報セキュリティの日」のイベントの一環として、情報セキュリティの功労者4名と1団体が選ばれた。同日、総理大臣官邸内で記念式典が開かれ、内閣官房長官から表彰状が授与された。

暗号理論や認証技術の研究開発のほか、セキュリティ人材の育成に貢献した情報セキュリティ大学院大学学長の辻井重男氏や、IT戦略本部情報セキュリティ専門調査会の分科会で座長を務め、セキュリティ監査の発展に寄与した中央大学教授の土居範久氏が選ばれた。

また、サイバー犯罪予防に功績が認められたテレコムサービス協会サービス倫理委員長の桑子博行氏、元NEC社長で、IT戦略本部情報セキュリティ専門調査会情報セキュリティ基本問題委員会の委員長を務め、「第一次提言」「第二次提言」の取りまとめた故金杉明信氏が同じく受賞している

今回、地方自治体においてISMSを先駆けて取得した 大阪府豊中市が、他の地方公共団体等の模範となるとして、唯一団体として選出されている。

(Security NEXT - 2007/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず