Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新手の架空請求メールに注意 - 今度は裁判所に偽装

裁判所が送信したメールのように装い、金銭を振り込ませる架空請求のメールが発生しており、裁判所では注意を促している。

同メールの手口では、裁判所を装って「支払命令」という題名のメールを送りつけ、金銭の支払を迫る。同メールでは、本物であるかのように見せかけるため、最高裁判所認証局の自己署名証明書のフィンガープリントを引用しているという。また、裁判所では督促手続を電子メールにより行うことはないとして注意を促している。

(Security NEXT - 2007/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送