Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2007年はゼロデイ攻撃も増加、Web 2.0も標的に - 米Websense予測

米Websenseは、2007年のセキュリティ脅威予測を発表した。組織化された犯罪機構によるゼロデイ攻撃や、Web2.0におけるセキュリティ問題が深刻化すると予測している。

同社では、Web 2.0の発展を背景に、それらを狙った攻撃の深刻化を予測。多数のユーザーが参加、コンテンツを提供するWeb 2.0のウェブサイトでは、監視や安全確保が難しいことから、犯罪者やスパム業者の標的になりやすいと指摘している。

また、2007年にはサイバー犯罪組織による金銭目的の攻撃が増加すると見込んでおり、情報詐取の手口が巧妙化に向かうと分析。脆弱性を悪用したゼロデイ攻撃も増加すると予測している。

またこのほか、フィッシング対策として提供されているツールバーが逆に悪用されることや、ボットプログラムの進化、悪質なプログラムによる情報盗難が増加すると予測している。企業などが実施する盗難防止策を回避するため、盗難の技術がさらに巧妙化するとしている。

(Security NEXT - 2006/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT