Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特設サイトで不正アップロードの違法性をアピール - 日本レコード協会ら

日本レコード協会ら7団体は、「音楽の不正アップロード防止キャンペーン」を開始した。特設サイトや車内広告などで、不正アップロードの違法性を訴える。

同キャンペーンは、私的録音補償金管理協会(sarah)の共通目的基金の助成を受けて実施されるもので、同協会を含む音楽関係等7団体が、音楽の不正コピーや不正アップロード防止に向けた活動を展開する。

「音楽違反」をキャッチコピーに、約1カ月にわたり東京、大阪、名古屋で車内広告を掲げる。また特設サイトを開設し、不正アップロードは犯罪行為であり、著作権法による厳罰の対象となることを訴える。なお、抽選で音楽ギフトカードが当たるキャンペーンを、同サイト上で2007年1月31日まで実施している。

参加団体は、同協会のほか日本音楽著作権協会、日本芸能実演家団体協議会・実演家著作隣接権センター、日本音楽事業者協会、音楽出版社協会、音楽制作者連盟、日本インターネットプロバイダー協会など。

061127r.jpg

(Security NEXT - 2006/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず