Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リネージュユーザーに注意呼びかけ - エヌ・シー・ジャパン

エヌ・シー・ジャパンは、同社オンラインゲーム「リネージュ」を狙ったトロイの木馬が発生しているとして注意を喚起している。

問題となっているウイルスは、「W32/HLLP.Philis.av」。ウイルスに感染した状態でリネージュを起動するとアカウントやパスワードが盗まれる可能性があるという。

9月27日にベクターが運営するソフトウェアダウンロードポータルサイトでウイルスに感染したソフトウェアが一部公開され、のべ7000件以上がダウンロードされたことを受けたもので、同社では注意を喚起している。

リネージュを狙ったウイルスは、過去にも発生しており、カカクコムやオズモールといった大手ポータルサイトが改ざん被害に遭い、不正に埋め込まれる事件が2005年に発生している。

(Security NEXT - 2006/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も