Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士ゼロックスシステムサービスから戸籍データを持ち出した協力会社社員が逮捕

富士ゼロックスシステムサービスからデータを持ち出した同社協力会社社員男性が脅迫の容疑で警視庁に逮捕された。

同社によれば、逮捕された男性は8月8日から同社を複数回訪問し、手元にあるデータが同社より流出したものだとして真偽確認を求めてきたという。同じく逮捕された同社協力会社社員よりデータを提供されたと見られている。

同社では戸籍情報の管理システムの開発を請け負っており、流出の可能性が高いとして警察へ届け出ていた。捜査へ協力していたため、発表が遅れたとしている。

同社によれば、問題となったデータは、捜査段階で確保されたとしているが、具体的な件数などは明らかにされていない。

(Security NEXT - 2006/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イベント案内メール誤送信、メアドや氏名が流出 - NHK
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
Mozilla、3件の脆弱性に対処した「Firefox 65.0.1」をリリース
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
「Exchange Server」の深刻な脆弱性、MSがアップデートを開発中
「MS Exchange 2013」以降に脆弱性「PrivExchange」 - ドメイン管理者権限奪われるおそれも
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
「Adobe Acrobat/Reader」に多数の深刻な脆弱性 - 予告より高い重要度
「Adobe Flash Player」にアップデート - 情報漏洩の脆弱性を解消
音声SIM入手のためにフィッシングで得た個人情報を利用か - NifMoが対策