Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、ウイルス駆除サービスを無償提供

マイクロソフトは、オンラインでパソコンのウイルス駆除などを行う「Windows Live OneCare PC セーフティ」の無償提供を開始した。ウイルス駆除だけでなく、パソコンの最適化などもサポートしている。

同サービスは、ウイルス駆除や不要ファイルの削除といったユーティリティ機能を提供するもの。利用回数に制限はないため、ウイルスの感染状況などを確認したい時など、いつでも利用することができる。

サービスメニューは、「プロテクトスキャン」「クリーンアップスキャン」「チューンアップスキャン」の3種類。「プロテクトスキャン」では、ウイルスやスパイウェアなどの不正プログラムを検出し、除去する。

「クリーンアップスキャン」は、HDD上の不要な一時ファイルやレジストリを削除することで、パソコンの効率化を支援。「チューンアップスキャン」は、HDDの断片化を解決し、パフォーマンスを最適化する。

(Security NEXT - 2006/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を