Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FJB、セキュリティソリューションに内部統制メニューを追加

富士通ビジネスシステムと富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、内部統制メニューを追加したセキュリティソリューション「FJB Security Opt」の提供を開始した。

同サービスは、これまで富士通ビジネスシステムが提供してきた7つのセキュリティサービス群に、IT全般統制に関する製品およびサービス追加。あらたに体系化して提供を開始するもの。

内部統制については、「IDアクセス管理」、「操作・アクセス制限」、「不正アクセス防止」、「ログ(監査証跡)取得」、「データ保護」、「IT資産管理・構成管理」と6つのカテゴリに分けて、必要なソリューションを提供する。

サーバアクセスコントロールを可能にする「SHieldWARE」や、不正アクセスを防止する「Citrix Application Firewall」、パソコンの不正操作を防ぐ「SafeManager SE」など、富士通SSLが提供する8種類の製品がメニューに加えられた。

(Security NEXT - 2006/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブサーバにマルウェア、攻撃の踏み台に - JP共済生協
IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応
一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ
廃止店舗の顧客情報記載帳票が所在不明 - 東北労金
不正アクセスでクレカ情報流出のおそれ - モーターマガジン社
メルアカ乗っ取りで取引先情報流出の可能性 - RIZAP
フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET
委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック
10月のDDoS攻撃、検出件数や最大攻撃規模が前月から上昇
個人情報含むUSBメモリを出張先で紛失 - 金沢大