Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、IDの不正利用を防止する新サービス

日本ベリサインは、ネット上のサービスで利用するIDの盗難やフィッシング詐欺などを防止するセキュリティソリューション「ベリサイン アイデンティティプロテクション」を10月より提供開始する。

同サービスは、金融機関やインターネットサービスを展開する企業向けに、IDの盗難や不正利用を防止といったサービスを提供するもの。具体的には、ワンタイムパスワードを利用した認証サービス「VIP ストロングオーセンティケーションサービス」と、異常検出技術により不正ログインを防止する「VIPオンライン詐欺検出サービス」を組み合わせて提供する。

エンドユーザーの環境に合わせ、複数の認証を提供することも可能。認証用クレデンシャルの配布についても同社にアウトソースすることが可能で、短期間の導入が可能。

(Security NEXT - 2006/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県