Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

未知の脅威にも対応する企業向けスパイウェア対策製品を発売 - ウェブルート

ウェブルート・ソフトウェアは、企業向けのスパイウェア対策ソリューション「Spy Sweeper Enterprise 3.1」を8月1日より発売する。

同製品では、APIではなくディスクスキャンによりスパイウェアを検出するため、カーネル部分に侵入しようとするrootkitなどにも対応する。また、スパイウェアの典型的な動作を監視し、検知する「スマートシールド」を15種類搭載しており、亜種をはじめとする未知の攻撃にも対応するという。

そのほか、スパイウェア以外にもネットワークの帯域を大量に消費するアプリケーションやP2Pソフトウェアなどに関しても検知し、管理者にレポート。必要に応じて削除することが可能。

(Security NEXT - 2006/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース