Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブルート、スパイウェア対策ソフトの最新版を発売

ウェブルート・ソフトウェアは、未知のスパイウェアも防御する「スマートシールド」を搭載したスパイウェア対策専用ソフト「Spy Sweeper 5.0」を発売した。

同製品は、スパイウェアの検出と駆除に特化したセキュリティソフト。同社の自動スパイウェア検出システム「Phileas」により、最新の定義ファイルが毎日自動的に提供される。今回の最新バージョンでは、「キーロガーシールド」を含む16種の「スマートシールド」が搭載された。

「スマートシールド」は、スパイウェアに狙われやすい箇所を常時監視し、hostsファイルやブラウザのセキュリティ設定が変更されるのを防ぐ。これにより、定義ファイルが提供されていない未知のスパイウェアも防御することができる。

また、日本特有の不正プログラムと言われる「ワンクリックウェア」にも対応している。価格は、パッケージ版が5880円。ダウンロード版が3990円となっている。

(Security NEXT - 2006/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE