Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2006年のマルウェア登場件数は6万件超の見込み - マカフィー

マカフィーは、同社マルウェアのデータベース登録数が20万件に達したと発表した。

同社研究機関であるMcAfee Avertラボでは、マルウェアのデータベースを管理しており、今月20万件を記録したという。10万件を越えたのは2004年9月で、10万件を記録するまで18年を要したが、それからわずか22カ月で20万件に達したという。

2年前と比較し、1日あたりのマルウェア発生件数は3倍に増加。大幅な増加の原因はBotだった。年間の登録数を見ると、2004年は2万7340件、2005年に5万6880だったが、今年はすでに3万2000件を突破しており、6万件を越す勢いだという。

(Security NEXT - 2006/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース