Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プライバシーマーク取得企業の個人情報関連事故は190件

2005年度中にプライバシーマーク取得企業で発生した個人情報関連の事故が190件に上ったことが日本情報処理開発協会のとりまとめによりわかった。

報告書は、同協会が2005年度中にプライバシーマーク認定事業者や取得申請中の企業などから報告を受けた個人情報に関する事故の内容や原因などについてまとめたもの。2005年度の1年間でプライバシーマーク認定事業者からの事故報告は168社190件だった。

そのうち、同協会において認定事業者より報告を受け付けた事故は128社144件。さらに同協会へ申請中や申請を検討している企業の事故を合わせると382社554件にのぼる。

事故の内容別で見ると、「紛失・漏洩」が532件で全体の96%を占めた。さらに原因別に見ると誤配送によるものが396件ともっとも多く、全体の71.5%を占めている。ついで盗難によるものが84件、メール配信ミスが44件、ファイル交換ソフトを介した流出が8件となっている。

同協会では、誤封入や印刷ミスなどの初歩的なミスであっても、再発防止のためにはシステムの見直しや管理者による対処などが必要だという認識を持つべきとした。また、ノートPCのセキュリティ対策や、外部委託先の管理強化なども訴えている。

同協会では、プライバシーマークを認定するにあたり、欠格条項を設けているが、2005年度に欠格と判断され、認定を取り消された事業者はなかった。

(Security NEXT - 2006/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース